ミライログ

〜なりたい「ミライ」が見つかるブログ〜

自分にとっての幸せを考えてみる|ミライログ 〜なりたい未来が見つかるブログ〜

お久しぶりです。ユージンです^^

アクセスが順調に増えていてすごくうれしいです。

 

皆さんは多忙な毎日の中で幸せを見つけられていますか??

 

幸せといえば国連が設立した組織が発表している世界幸福度報告書(2017)というものがあって、世界各国の幸福度をランク付けしているのですが、報告書では、日本は51位だそうです。アメリカは14位、ドイツは16位、英国は19位、フランスは31位なので、先進国で比較しても日本は非常に低いですね;つД`)

ちなみに1位はノルウェーで、デンマークアイスランドと続きます。これらの国の特徴としては社会福祉が充実していることでしょうか^^また、税金が高く賃金格差も少ない。

一見、夢がないようですが、逆に言えば、「働く」ということに固執しないし、賃金にとらわれず、自分たちで仕事をコントロールできるのでしょう。

その点、日本人は勤勉な性格が災いしてか、「社畜」、「ブラック」という言葉が問題になっていますよね。

 

自分は仕事をコントロールできなかったから、新卒で入社した会社を1年で辞めてしまいました。

 

mirailog.hatenablog.com

 

すさまじい残業に加え、完璧主義で、気ばかり使い、繊細過ぎる自分の性格もあって、体も心もボロボロでした。

退職後、1年勉強して新しい仕事に就いたのですが、勉強期間中の1年は非常に楽しいものでした。同じ道を目指す仲間がいて、貯金+バイトでお金に困ることもありませんでした。

 

今の仕事に就いて、6年経ちますが、自分の社会人人生を思い返してみると、幸せって

 

「自分にとって、たくさんの選択肢があること」

 

なのではないかと思います。

仕事やお金や恋愛あらゆることを自分で選択できている時はとても幸せでした。

 

中でも、「仕事を選択できること」は今の日本人にとってすごく大切なことではないかなと思います。

 

毎朝6時に起きて、満員電車で通勤して、お昼はワンコイン弁当、仕事に追われ残業・・・夜ご飯は冷凍食品で、風呂に入って寝るだけ。

多くの日本人にとって仕事をコントロールすることなど夢のまた夢です。

 

収入が減ってでも違う仕事を選んだ方が幸せになれた。

 

自分はかつて仕事が合わず不幸でした。

もし今、自分が幸せでないのならば、何かを変えるときなのだと思います。

 

それを変えることができないのならば、何らかの犠牲を恐れているからです。

例えば仕事の場合ならば、「安定した収入」とか「約束された将来」とか・・・

 

でももし幸せを感じれていないのならばそこは今いるべき場所ではないのかもしれません。

 

インスタグラムを見ていると、都会でおそらく1000万近く稼いでいるであろう多忙な友人より、地方で年収300万で自分らしく暮らしている美容師の友人の方が幸せに見えるこの頃です(´Д`)

 

 

                               ユージン