ミライログ

〜なりたい「ミライ」が見つかるブログ〜

会社を辞めた時の話をしてみる|ミライログ 〜なりたい未来が見つかるブログ〜

ブログを見てくださってありがとうございます。ユージンです^^

 

自分は当時人気企業ランキングにのる大手民間企業に新卒で入社し、1年で辞めました。

今回はその時の話をしてみたいと思います。

 

どんな会社で何の仕事をしていたの??

大手の出版起業でマーケティングをしていました。教材を売るために、販促の企画から制作(コピーライティングやその他委託先のディレクションなど)、企画の検証まで広く担当していました。

会社を辞めた理由は・・・

会社を辞めた理由はずばり人間関係です・・・

作った販促物が世に出回る喜びはありましたが、幸せではありませんでした。

仕事も人間関係も合っていなかったのです。

辞めるまでのいきさつ

職場は中途入社が多い職場でした。

カタチ上OJTは着きましたが、とても人を育てるような環境ではありませんでした。スキルや仕事の理解が追いつかず、苦労もしましたし、休みも週に1度あればいいような生活でしたが、経験を積むとともにすべてが解決していくと思っていました。

こらえていたものが根本からすべて崩れ落ちた

(私が担当していた企画について)OJT担当とリーダーが事前に決めた販促アイデアが失敗に終わった時のことです。

 

課長報告の中で、リーダーが

「(そのプランは)(ユージンさんが)自分の判断で行ったことです。」

 

・・・

 

大事に守ってきた何かがすべて壊れました。

 

壊れる時は耳の中で音を立て、その後、信じられないくらいの静寂が心の中に襲ってきたことを覚えています・・・

 

その数日後、父からの言葉に影響を受け、退職しました。

(自分を変えた父の言葉については↓の記事を御覧ください。)

mirailog.hatenablog.com

 

退職まではあっという間

課長に退職を申し入れた後、部長面談を行い、最終的に人事と形式的な面談を行って退職が決まりました。

何度も面接をして入社したのに、辞める時は何ともあっけないものでした。

面談の時に課長、部長に言われた辛辣な言葉も、周りの目も不思議とまったく気になりませんでした。

日ごろ感じていた痛みや辛さが、辞める決断をしてからのそれと変わらなかったからでしょう。自分にとってはそれくらい限界だったのです。

 

辞めてからはとても幸せだった

仕事を辞めてからはとても幸せな毎日でした。

お金の心配はありましたが、年収が半分になってでも、自分のやりたいことをやる方が幸せなことに気づきました。

つらく鬱屈とした毎日を過ごすビジネスパーソンより、稼ぎが少なくとも気ままに生きている人の方が幸福感は高いかもしれません。

 

生き方は一つではない。

会社を辞めた経験は自分の視野を大きく広げてくれました。

 

 

                                ユージン